好きな装いをするのは楽しいけれど、ルッキズムを手放すことの難しさも

ファッションやメイクへの関心が戻ってきました。楽しいのだけれども……。
雪代すみれ 2023.12.12
読者限定

2019年にフリーランスになって、周囲がジェンダーや人権問題に関心の高い人ばかりになって、容姿をとやかく言われることもなくなったので、服は機能性重視でメイクも最低限しかしない、という生活をしていました。(この頃はまだ「マナーとしてしなきゃ」みたいな気持ちも残っていた)

2020年、コロナ以降は「オンラインで初めて私の顔を見る人は、私がノーメイクかわからないのでは🤔」と思って、本当にメイクをしなくなりました。実際に「あなたノーメイクですよね!」と言ってくる人には会ったことがありません。笑

そんな生活が最近まで続いていたのですが、外に出始めたことをきっかけに、買って家で眺めるだけだったユニセックスの服を外で着る機会も出てきて、着るならかっこよくなりたい!と思って、またちゃんとメイクをするようになりました。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3053文字あります。

すでに登録された方はこちら

読者限定
2024年1月に公開されたお仕事について
読者限定
最近のできごと【2024.01.15】
読者限定
2023年の振り返りと2024年の目標とプチ日記
誰でも
最近のお仕事報告について(2023年12月)
読者限定
きょうだい児の生きづらさをアダルトチルドレン(AC)の観点からとらえる...
読者限定
議会傍聴日記と雑記
読者限定
最近のお仕事と所感
読者限定
すぐに解決できないことは抱えながら生きていくしかない